日本ライフオーガナイザー協会

日本ライフオーガナイザー協会

  • contact
  • members
  • shop

SOマーク(SAFETY ORGANIZED OFFICE) 認定制度

SOマーク認定制度について

 

転用・貸与・譲渡不可

 SAFETY ORGANIZED OFFICE


 

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会は2018年から職場環境整備を認定する制度を開始しました。

私たちを取り巻くビジネス環境は、多様化の一途をたどっています。決まった時間に会社に出勤し、一人に1つのデスクが当たり前ではなく、政府による「働き方改革」提言もあり、働き方は今後大きく変化していくでしょう。

在宅ワーカーやSOHOをはじめ、働き方や働く時間も自由度が高くなると仕事にコミットするためのセルフマネジメント能力が求められます。

働く環境を整える(オーガナイズする)ことは、ビジネスのためのモチベーションを保つことに大きく影響します。効率よく仕事をし、利益を上げるためには、ものや情報に振り回されないことが重要だと考えます。

また、個人が扱う情報の取り扱い方など、社会的に求められているコンプライアンス(法令遵守)の知識がなければ、安心・安全にビジネスを行うことも難しくなるでしょう。

SOマークは、事業者が安全に配慮され、計画的に整理・維持されたビジネス環境を保持していることを認定し、その証としてSOマークの使用を認める制度で、次の目的を持っています。

  • 広く目に見えるSOマークを示すことによって、ビジネス環境の整理についての意識の向上を図る
  • ビジネス環境の整え方を広く知らしめるとともに、このマークを持つ事業者に社会的信用を得るためのインセンティブを与えること

このマークを持つことで自主的に高いレベルでのマネジメントシステムを持ち、運用していることをアピールするツールとして活用することができます。

SOマークの表示について

デザインの意味

「SAFETY ORGANIZED OFFICE」の頭文字の「S」と「O」を組み合わせたものです。

「SAFETY 」は安全を意味し、 「ORGANIZED」 は計画的に整えられたという意味です。その文字がオフィス空間を意味する四角い形をしていることで、しっかりと守られている様子を表現しています。

商標について

このマークは一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会(JALO)の登録商標です。

マークの表示

somark

・番号:2018= 取得年
・後の8桁=付与確定順に採番し更新しても変更しない
・( )内の数字は更新の回数
 01からはじめ更新毎に1ずつ増加する

マークを表示できるものや場所について

◆SOマークは以下の範囲で表示できます。

  • 店頭
  • オフィス内
  • 契約約款
  • WEBサイトやフェイスブックページ、ブログ 等
  • 名刺や便箋(封筒)
  • 広告用資料(宣伝に用いる紙媒体)

*付与された個人・事業者に限る。他者に付与・貸与・譲渡などはできません。
*SOマークを無断で使用することを禁じます。
 無断で使用した場合は、法的措置を講ずる場合がある。
*新聞、雑誌、書籍に掲載する場合は当協会事務局に事前連絡し、許可を得る必要があります。

◆連絡先 一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会 東京オフィス
メールアドレス:jimukyoku@jalo.jp

タイトルには必ず「SOマーク表示についての問い合わせ」と明記してください。

WEBサイト等でのマーク表示について

当マーク付与個人・事業者が、WEBサイトで使用する場合は、 SO認定カード付与事業者専用サイトへリンクすることが求められます。

SOマークを表示する場合は、マークと併せて、個人情報保護方針・特定商取引に基づく内容が掲載されていることが望ましい。
1 個人情報保護に関する問い合わせ先を明記する
2 担当者の氏名を明記する
ことは必須としますので、明記してください。

 

SOマーク付与の対象・期間について

付与の対象

SOマーク付与の対象は、当協会が主宰する「ビジネス整理術認定講座」に参加しビジネス空間で実践されている内容が、定める基準に達していると認定された、国内に活動拠点のある個人及び事業者に付与される。(SO認定カード付与も同様)
*個人、法人の区別はありません

マーク取得方法

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会が認定・所属しているオフィスオーガナイザー®・SOHOオーガナイザーが開催する「ビジネス整理術認定講座」を受講し認定されることが必要。

認定講座については(https://jalo.jp/business/) を参照ください。

マーク付与後の手続き

マーク付与契約書の書類が送付されますので、速やかに手続きください。

  • 収入印紙や割印は不要
  • 申請書に押印したものと同じ印鑑を使用

※更新時にも新たに契約書を取り交わします。

付与契約書の送付先

〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS(パブリカス)ビル3階
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会 東京オフィス
TEL 03-5623-5886

*送付時の封筒の表に「付与契約書在中」と記載ください。
*できるだけ配達記録の残る方法でお願いします。

有効期間

SOマーク(SO認定カード)付与の有効期間は2年間。

*更新については、有効期間が終了するまでに⼿続きを完了する必要があります。

申請について

以下を営む個人・事業者またはこれに類似する営業を営む事業者は申請を受理されない。

  • 日本の法律に基づいて事業をおこなっていない者及び事業者
  • 風俗営業(性風俗関連特種営業を含む)を営む者及び事業者
  • 反社会的であると認められる行動や営業をおこなっている者及び事業者
  • 事業所、営業所の概要が不明瞭な場合
  • 他、当協会が不適切を判断する場合

登録内容変更

申請時に登録した内容が変更になる場合は、「登録内容変更届」を滞りなく提出する必要があります。

更新手続きについて

有効期間終了の2ヶ⽉前に更新の申請を提出する必要があります。
また、チェックリストなどの提出書類を添付することが求められます。
*状況により「更新緩和措置」が適応される場合があります。

更新費⽤:5,500円(税込)
 状況により別途、要件や費⽤が発⽣する場合があります。

詳細は「SOマーク認定・付与更新⼿続きについて」を参照

 

SOマークの交付・使用について

認定カード・画像データの送付

当協会は付与契約書を確認した後、申請者及び事業者に対してSOマークを付与したことを証明する「認定カード」とマークデータを交付します。

*画像データは登録メールアドレスに送付することを基本とします。

手続きと交付が終了後、マーク使用が可能となります。
ただし使用は付与契約書に記載された有効期間の「開始日」からとなります。

マーク画像データの使用について

SOマーク付与契約を締結している個人及び事業者は、使用有効期間内においてSOマークをWEBサイトや印刷媒体などで使用することができます。

定められた範囲を逸脱しないよう、適正にご使用ください。

◆WEBで使用する場合

  • WEBサイト用の画像データを加工することはできません。
  • SOマーク画像に本ページへのハイパーリンクを設定してください。

   https://jalo.jp/safety-organized-office/

  • SOマークを表示する場合は、マークと併せて、個人情報保護方針・特定商取引に基づく内容が掲載されていることが望ましい。

  1 個人情報保護に関する問い合わせ先を明記する
  2 担当者の氏名を明記する

◆印刷媒体で使用する場合

  • 配布した画像データは加工することはできません。
  • 拡大、縮小する場合は、画像の縦横比率の変更はしないでください。
  • 色変更もしないでください。
  • 登録番号が確認できるようにしてください。

SOマーク取得個人及び事業者 WEBサイトでの公表について

SOマークを付与された個人及び事業者は、契約締結手続き完了後「SOマーク認定者・事業者一覧」ページに登録情報を公表します。

◆新規登録
 付与契約に定める有効期間の開始日から2週間程度の期間内に公表。

◆更新登録
 既存の内容を更新。
 (変更などがある場合は更新の申請時に申告された内容を更新する)

*公表内容の変更については、下記の問い合わせ先に連絡の上、変更申請用紙に記入された書類が到着してから2週間程度で行われます。

 (土日祝日・年末年始・連休・夏季休暇・当協会の休暇などを含まないものとする)

 

問い合わせ先

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会 東京オフィス
メールアドレス jimukyoku@jalo.jp

○電話受付時間(土日・祝日をのぞく)
TEL:03-5623-5886
時間 : 9:30〜17:30

 

Copyright 2008-2021 Japan Association of Life Organizers. All Rights Reserved.
TOPへ